スマートフォンサイトはこちらスマートフォンサイトはこちら

医療法挈社団 明日佳 札幌宮の沢脳拈経外科病院

アクセスお問插せ

  文字の大きさ 

一般病棟(急性期病棟)のご案内

(病床数:57床 一般病棟入院基本料 急性期一般入院料2)

一般病棟(急性期病棟)では、24時間体制で患者様を受け入れ、脳卒中、脳腫瘍、外傷性疾患、脳血管障害、頭部外傷、痙攣発作、意識障害、手足の麻痺や言語障害などの患者様へ迅速な検査と治療を行っています。
急性期の治療と並行して、発症早期からリハビリテーションを行い、早期の回復を多職種のスタッフで支援します。また、患者様、ご家族様には、安心して治療が受けられるよう、一つ一つ丁寧な説明を心がけ、一貫してサポートできるように努めています。
症状が安定しましたら、その先の生活を見据えたケアを提供することを念頭においています。多職種で協働し、合併症を予防しながら患者様の身体の状態をご家族とも共有しながら、生活の質に配慮したケアを提供しています。

回復期リハビリテーション病棟のご案内

(病床数:42床 回復期リハビリテーション病棟入院料1 体制強化加算1)

回復期リハビリテーション病棟はリハビリを中心とした、家庭復帰・社会復帰を目標とした病棟です。 手術や薬物療法など一定の急性期治療を終えた後の回復期にある患者さんのリハビリテーションを行い、日常生活動作(ADL)の向上、寝たきりの防止、家庭復帰をお手伝いします。
入院生活そのものがリハビリと考え、早期の家庭・社会復帰を目標に計画を立てます。 リハビリテーションは365日行なっています。
医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護福祉士、社会福祉士、薬剤師、管理栄養士がチームで支援します。
外部の医療機関からのリハビリを目的とした入院相談も承っております。

入院から退院までの流れ(回復期リハビリテーション病棟)

1.入院
入院患者様、ご家族様のご希望をもとに、医師をはじめスタッフが面談し、療養計画を立てます。

2.リハビリテーション開始
患者様の状態に合わせたリハビリ目標を設定します。

3.退院前訪問(家庭訪問) ※必要時
患者様、ご家族様とともにスタッフが患者様の退院後の生活の場を訪問し、生活場面に合った環境を整備します。

4.外出訓練
病院の外での歩行訓練、調理、洗濯、掃除、自動車・バスの試乗などを行い、安全な家庭復帰、社会復帰の準備を行ないます。

5.退院
家庭復帰、社会復帰等の実現。必要な方には外来通院、訪問リハビリ、通所リハビリなどの在宅サービスにつなげます。

回復期リハビリテーション病棟の設備

お一人での洗面、トイレ、入浴などが難しい方には、病棟スタッフが計画を立てて介助しますのでご安心ください。

リハビリテーション(回復期リハビリテーション病棟)

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が総合的なリハビリを行なっています。
また病棟では患者様が日常生活を自分で行なえるように生活動作訓練を実施しています。

各科との連携

骨折後の患者様は整形外科医、脳卒中後で飲み込みに困難がある患者様は耳鼻咽喉科医と連携しリハビリをすすめています。
また、脳神経内科医、循環器内科医、糖尿病内科医とも連携し診療を行っています。

お食事

お食事は、一口でも多く食べられるように、形態や量などをお一人お一人の患者様の状態に合わせて調理し、ご提供します。
食事の介助の必要な方には病棟スタッフ・リハビリスタッフがお手伝いします。

ご相談

社会福祉士(MSW)が自宅復帰や転院・施設入所に向けたお手伝いをしています。
病気や怪我によって生じる心配事をお聞きし、安全で安心した生活を送れるよう患者様、ご家族様と一緒に考え、支援します。

退院前訪問 ※必要時

必要な方には、退院前にリハビリスタッフがご家庭を訪問し、退院後に必要とされる設備(手すり等)を検討し、生活場面に合わせた環境整備を行ないます。
ご家族様にはお仕事などのお休みをとって頂くことがありますのでご協力をお願いします。

入院の手続き

入院当日、1階事務室にて以下書類等を提出し受付をお願いします。

  • 入院誓約書
    ※保証人は、札幌市居住の独立して生計を営む20歳以上の方にお願いいたします。
     印鑑をご持参ください。
  • 入院歴確認書
  • 個人情報同意書
  • 健康保険証および各種受給者証
    (後期高齢者医療被保険者証、身体障害者手帳、介護保険証等)

    ※労災、交通事故、生活保護等で入院される方は、必ずお申し出ください。
    ※書類は所定事項をご記入・押印のうえご持参願います。

入院時の持ち物(持ち物には名前の記入をお願いします。)

  • 印鑑
  • 健康保険証および各種受給者証(後期高齢者医療被保険者証・身体障害者手帳・介護保険証等)
  • 下着
  • 洗面器
  • 義歯
  • 入れ歯容器
  • 義歯洗浄剤
  • 電気髭剃り
  • スリッパ
  • 運動靴(リハビリなどで必要な方)
  • 筆記用具
  • その他許可された物

※ナイフ、カッター、かみそり等の持ち込みはご遠慮ください。
※貴重品の持ち込みはご遠慮ください。

入院中の生活に関して

お食事時間

朝 食 昼 食 夕 食
8:00 12:00 18:00
※各患者さまに合った食事を準備しております。
※食べ物の持込は食事制限や食中毒の観点によりご遠慮いただいております。ご了承ください。

起床・消灯時間

起床6:00、消灯21:00

回診

毎日主治医が診察します。総回診は、毎週木曜日です。

検温

10:00頃
※前日の尿と便の回数をお尋ねします。

入浴

医師の許可がある方は決められた時間内で入浴することができます。
身体状況に応じて入浴方法が変わります。(自立浴、介助浴、機械浴)

介助入浴装置

シャワー入浴装置

介助浴室

電話について

取次ぎ時間は9:30〜20:00です。(長時間はご遠慮ください)
携帯電話はデイルームにてご使用ください。 1Fに公衆電話を設置しております。

テレビ・冷蔵庫について

テレビ・冷蔵庫はカード式です。
カード販売機は各病棟のデイルームに設置しております。残高が残ったカードは精算機で払い戻しが可能です。(2Fデイルームにあります)
消灯時間後のテレビはご遠慮ください。

洗濯

基本的には私物の洗濯物は、ご家族がお持ち帰りください。
病院で洗濯を希望される方は職員にお申し出ください。

入院中のリハビリテーション

医師が必要と認めたとき行なわれます。
スリッパ以外の運動しやすい靴をご用意ください。

外出・外泊

医師の許可が必要です。
許可が出た方は、外出・外泊届けを提出していただきますので看護師へお申し出ください。

面会時間

平 日 土曜・日曜・祝日
15:00〜20:00まで 13:00〜20:00まで
303号室(ICU)入院患者様のご家族へ
ICUは重症の患者様を集中的に治療する病室です。
患者様の安静及び感染予防のため面会を制限しております。
面会時間 12:00〜13:30 および 18:00〜19:00の1日2回です。

※患者さまの状況に応じては、面会をご遠慮いただく場合がございます。ご了承ください。
   面会をご希望される方は、ナースステーションにお申し出下さい。
   感染予防のため、以下のことについてご協力下さい。
   ・病室への入室前後に手指消毒をお願いします
   ・咳をされている方はマスクをご着用下さい。

個室(特別療養環境室)のご案内

1当院では、希望により個室(特別療養環境室)を有料にて使用することができます。
※個室(特別療養環境室)に入院を希望される方は、同意書に署名し、申込みしていただきます。
※個室料は、治療費と共に特定療養費(保険外自己負担)としてお支払いただきます。
※個室料金の計算は、ご利用いただきました実日数分となります。
 (例えば、2泊3日 入院の場合には3日分の料金になります。)
※個室の入室状況によっては、ご希望に添えない場合もあります。
 また、病院の都合上、止むを得ず退室(移室)のご協力をして頂く事もありますので
 あらかじめご了承ください。

2個室料金(差額ベット料/1日)について

2階病棟 室数 面積 料金 設備
特別室
215号室
1 15.12u 5,500円 洗面台・床頭台・テレビ・冷蔵庫・テーブル・イス
特別室
218号室
1 12.43u 3,300円 床頭台・テレビ・冷蔵庫・テーブル・イス
特別室
220号室
1 12.43u 3,300円 床頭台・テレビ・冷蔵庫・テーブル・イス
3階病棟 室数 面積 料金 設備
特別室
316号室
1 12.00u 4,400円 洗面台・床頭台・テレビ・冷蔵庫・テーブル・イス

入院費について

1原則として健康保険証未提出の場合は、自費扱いとなります。お早めに提出してください。
※提出が難しい場合は、その事由を事務担当者にお申し出ください。

2入院医療費請求は、月1回お配りします。
※1日〜末日分・・・翌月10日頃(退院時は当日清算となります)

3お支払いは発行日より10日程度をめどに、1階会計窓口でお支払ください。

4病院で発行する領収書は「高額医療費の請求」や「確定申告」などに使用できます。

5領収書は再発行致しませんので大切に保管してください。

6退院時の請求金額は退院当日に準備でき次第お知らせいたします。
※保険・費用などについて、わからないことがありましたら受付窓口までお申し出ください。

診断書について

1勤務先や学校等に提出する一般診断書をご希望の方はお申し出ください。

2生命保険会社等に提出する診断書は所定の用紙を取り寄せ、退院当日または退院後にお申し出ください。 お受け取りまでには約10日程度要します。

退院されるとき

1主治医から退院の許可が出ましたら、退院後の説明を聞き、入院料金のお支払いを済ませてください。

2お忘れ物にご注意ください。

※その他注意事項

・病院は多数の方が出入りしますので、事故防止のため現金などの持ち込みは最小限にしてください。万が一紛失されましても責任は負いません。床頭台には鍵がついていますので個人で管理していただきます。
尚、床頭台の鍵を紛失・破損された場合は、修理費をご負担していただきます。

・入院患者さまの駐車場の使用はご遠慮ください。

・病状説明をご希望の方は、予約が必要です。(電話での説明は致しておりません)

・敷地内での喫煙・飲酒は厳禁です。

・敷地内の備品や設備等の故意による破損につきましては、修理費をご負担していただきます。

・患者さまの責務を果たさない場合には退院を求めることがあります。

・病状に応じて病室を移動する場合があります。

・万一、火災および災害発生の場合は関係職員の誘導に従ってください。

・職員に対するお心遣いは一切辞退しております。

・生花の持ち込みはご遠慮ください。

・個人情報保護の観点から当院敷地内で事前許可のない動画撮影、写真撮影は禁止されております。

地域医療連携室

療養中の生活、入院に伴う不安や心配・・・抱え込んでいませんか?
患者さまご本人、ご家族の方が安心して通院や療養生活を行なえるように、医療・福祉についての相談を受付けています。
詳しくはこちら

PAGE TOP